メタトレ自動売買.com
gere
FXで利益を出す二つの方法

FXとは為替差益とは、円高・円安など、為替レートの変動を利用して利益を出すことです。この為替差益を生むには、通常の商取引と同様、「安く買って、高く買う」場合と「高く売って、安く買う」場合の2つのパターンがあります。実際にFXを行った場合、どのように差益が生まれるのか、具体例をあげて見ていきましょう。

円安—安く買って高く売る場合

(1)仮に、あなたが今日からFXを始めたとします。このとき為替レートが1ドル=90円でした。あなたは90円払って1ドルを買います。

(2)しばらくすると円安が進み、為替レートが1ドル=100円になりました。このとき、あなたは(1)で買った1ドルで円を買い戻します。

(3)すると、あなたの90円はFXの取引を通して100円となり、差し引き10円の利益(為替差益)を得たことになります。

円高—高く売って、安く買う場合

(1)やはり、あなたは今日からFXを始めたとしましょう。このとき為替レートが1ドル=100円でした。

(2)ところが、このときは円高傾向で、先の例のような円安ではありません。きっとあなたは「ドルを持っていればよかった」と歯がゆく思われるにちがいありません。

でも、FXの場合、大丈夫なのです。

ドルを持っていなくても、ドルを売ることができるのです。詳しい仕組みは別項に譲りますが、とにかくあなたは1ドルで100円を手に入れました。









(3)その後円高が進み、為替レートは1ドル=90円になります。あなたは(2)でドルを売って手に入れた100円で、1ドルを90円で買えば、やはり10円の利益を得られるわけです。

通常の取引は、まず商品を「買って」から「売り」ますが、FXでは手元に商品(外貨)がなくても「売りから入る」ことが可能なのです。この売り買いどちらからでも取引可能という点が、FX最大の特徴といえるでしょう。

●当然、損失の可能性も

当たり前のことですが、通常の取引同様、外国為替取引にしても必ず利益が生じるわけではありません。例えば、円安を見越してドルを買ったところ、為替レートが円高に変動してしまった場合、損失が出てしまいます。

将来の相場はコインの裏表と一緒で、確率は半々です。だからといって、勘や思惑ばかりに頼って取引してはいけません。為替差益で損失を抑え、より利益を出すためには、相場動向をmt4と一緒に冷静に分析し、慎重に取引することがなによりも重要です。

別の言い方をすれば、この自分自身に対する駆け引きにこそ、FX最大の魅力があると言えるでしょう。

 
 
危険な通貨
FXですが、ロングするのに危険な通貨があります。かなり危険です。南アフリカランドです。豪ドルを上回るダントツの高金利通貨です。

毎日スワップがどんどん入ってきます。が、それをあっという間に飲み込む勢いで、下落します。南アフリカは日本と比べれば断然経済が

脆弱です。そしてインフレがどんどん進行しています。基本的に、インフレが進行する国の通貨は下落します。よっぽどタイミングよく

底値で拾って、上昇してきたところで売却しないと、ずっと持ってるとあれよあれよという間に落ちてきます。

hwer