メタトレ自動売買.com
gere
どんな観点で選ぶか

万一に備えて、分別保管など顧客の資産を守る対策をしている会社を選びましょう。大手の場合は、倒産したとしても顧客の資産を守る分別保管をしています。この、万一の対策がしっかりしていれば、資産面での安全性や信頼性はクリアしていると考えて良いでしょう。とは言っても、FX初心者は何を基準にするか迷ってしまうと思いますが、自分の取引スタンスや生活環境に適したFX会社を見極めていきましょう。口座の開設や維持管理費は無料ですから、興味を持った2、3社で、実際に口座開設を申込み、取引ツールを使って見るのもFX比較判断の材料になるでしょう。

自分の取引スタンスと生活環境がFX会社を選ぶ決め手になります。外貨を長期保有するなら、スワップ(金利)狙いの取引中心になるでしょうから、スワップ(金利)が高めになっている会社を選ぶと有利ですし、毎日時間があり、こまめに取引ができる方は、取引金額や回数が多くなるでしょうから、スプレッドが狭い低スプレッドのFX会社を選んで手数料が安くできるようにしたほうが、利益が出やすくなるでしょう。少額の資金から始めたいのであれば、裁定取引単位の小さいFX会社が向いています。初心者で、損失が出ないように、リスクの少ない取引をお望みなら、キャッシュバックが多い、FX口座開設キャンペーンを利用すれば良いでしょう。









スプレッドで選ぶ

取引回数が多ければ、スプレッドのせいでコストがかかる手数料のようなものです。取引金額が大きい場合も、スレッドが高めであればそれだけのコストがかかってきます。ですから、1日に何度も取引をする方や、1回の取引金額が大きい場合には、スワップポイントなど他の利益に目を奪われずに、とにかくスプレッドの狭く低スプレッドをウリにしているFX会社を選ぶとよいでしょう。そうすれば、コスト負けしない有利な取引ができ、利益を上げることができるでしょう。1週間、1ヶ月に一度程度の取引であれば、スプレッドどのせいで、コスト負けというのは、そう気にしなくてもよいでしょう。

スワップポイントで選ぶ

2国間の金利差を利用して、スワップポイントの利益を上げることができるのですが、FX会社によってこの、スワップポイントが違ってきます。長期保有のスタンスで考えている方には、この、スワップポイントが有利な会社を選びたいですね。2国間の金利差を利用して利益を出すのがスワップですが、fx会社の企業努力によって高く設定している会社もあります。FX会社が顧客を獲得したい、集客したいということで高いスワップポイントを提供できるようにしている会社があるということでしょう。

 
 
危険な通貨
FXですが、ロングするのに危険な通貨があります。かなり危険です。南アフリカランドです。豪ドルを上回るダントツの高金利通貨です。

毎日スワップがどんどん入ってきます。が、それをあっという間に飲み込む勢いで、下落します。南アフリカは日本と比べれば断然経済が

脆弱です。そしてインフレがどんどん進行しています。基本的に、インフレが進行する国の通貨は下落します。よっぽどタイミングよく

底値で拾って、上昇してきたところで売却しないと、ずっと持ってるとあれよあれよという間に落ちてきます。

houre